最新ニュース今コレが話題です!3

今話題のネタはコレ!トレンド侍が最新ニュースを独自の切り口でご紹介します!

タグ:現在

篠原ともえ 現在が話題です。



篠原ともえさん…
芸能とファッションのダブルワーク、
「魔法」で疲れを癒やす?

だそうです。

真相は・・・。




rapture_20180421223939










明るく個性的なキャラクターと
原色を主とした独自のファッションが人気となり、
1990年代後半のティーンに
多くの「シノラー」を生み出した篠原さん。

歌手、女優、
ファッションデザイナーなどなど多くの顔を持ち、
39歳になった今でも
新しいことにチャレンジし続けています。
(聞き手・梅崎正直さん)










スポンサーリンク





寺社巡りも天文観測も仕事になって…



――本当に多彩な活動をされていて驚かされます。
自己紹介するなら、どう言いますか。

 うーん。16歳で歌手デビューして、
その後女優も始め、
最近ではデザイナーとして活動していると
プロフィルには書いてありますけど、
やっぱり歌手であることが基本だと思っています。

――趣味も多くて、それがまた仕事になったり。
最近は、御朱印の本も出されたそうですね。

 「御朱印をはじめよう」
というタイトルの本を昨年末に出版しました。

最初は、こんなに御朱印集めに
夢中になるとは思っていませんでした。

 5年ほど前、NHKの仏像を巡る番組に
アシスタントとして出演させていただき、

行く先々でお土産代わりに
御朱印帳を買っていたら、
御朱印や御朱印帳を集めることが
いつの間にか好きになっていました。

そのご縁で奈良の東大寺や
日光山輪王寺の御朱印帳デザインもさせていただきました。

 今は若い方も集めてますよね。
ただ、宮司さんやご住職のお話を聞くと、
参拝する前に御朱印をもらおうとするなど、
マナーを知らない人も多いという話を聞き、
本には参拝のマナーも盛り込みました。

――天体観測では、本を出しているほか、
各地の「星空大使」などを任されています。

 幼少のときに両親から双眼鏡をプレゼントされました。
空を見ていると、
肉眼では見えないものがレンズを通して
自分のいるところに飛び込んでくる。
それに感動したんです。

 高校時代は天文部でした。
天体観測は、ファッションの
インスピレーションにもなっています。

 趣味が多すぎて時間は
いくらあっても足りませんね(笑)。

――そうだと思います。寝る間もないのでは?

 音楽やテレビのお仕事を終えても、
デザイナーとしての宿題があるんです。
デザインを考えたり、プレゼン資料を作ったり。

衣装やアクセサリーを作ることもあります。
もちろん1人での作業なので、
重なると、2~3時間睡眠の日が続くこともあります。

妥協して後悔するのが嫌なので、
つい無理をしてしまいます。


――やがて迎える40代。
どのような10年間にしたいと思いますか。

 自分のファッションは、
10代はカラフルでポップに、
20代はいろいろなジャンルを装いました。

30~40代は、
長く愛されるスタイルを
自分で生み出したい。
大人も楽しめるものをと、

今年は着物のデザインも
手がけさせていただく予定です。

そして、シノラー世代が
みんな一緒に明るく
年を重ねていけたらうれしいです。

しのはら・ともえ

 1979年、東京都青梅市出身。95年に歌手デビュー。
個性的なファッションを
多くの同年代女性がまね、
シノラー現象を巻き起こした。

音楽活動や女優、
タレントとして幅広く活躍する傍ら、
ファッションデザイナーとしても注目されている。

4月26~28日の日本ホビーショー
(会場・東京ビッグサイト)では、

著書「ザ・ワンピース for KIDS 
篠原ともえのソーイングBOOK」
(文化出版局)の発売記念イベント
「シノラーキッズコンテスト2018」(28日)を開催する。


rapture_20180421223956






篠原ともえさんは、
現在も過去も
常に自分らしく生きてますね。

なんだかうらやましいですね。


今後も注目です。


ブロトピ:今日のブログ更新






スポンサーリンク





加地亮 現在が話題です。




元日本代表・加地亮、
カフェで働く男の充実感

だそうです。

真相は・・・。






rapture_20180413095325



2017年限りで現役引退した
元日本代表・加地亮(かじ あきら)さんは、
大阪府箕面市で自ら経営する
「CAZI CAFE」で今年2月から働いている。

妻でオーナーの那智さんや
スタッフたちと過ごす日々は多忙だが、
これまでにない充実感も味わっている。


「毎日朝9時には店に行き、帰るのは0時ごろ。
ランチの時間帯は皿洗いに奔走しています。
サッカー選手よりはるかに労働時間が長いですよね(笑)」






スポンサーリンク





■現役引退後、カフェで働くセカンドキャリア


1998年のJ1・セレッソ大阪入団を皮切りに、
J2・大分トリニータ、
J1・FC東京、
J1・ガンバ大阪、
アメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のチーバスUSA、
J2・ファジアーノ岡山でプレーし、
20年間のプロキャリアに終止符を打った加地亮さん。

年明けの1月には一家全員で大阪へ引っ越し、
新生活をスタートさせた。


「CAZI CAFE」は加地亮さんが
ガンバでプレーしていた2011年7月にオープン。

彼がアメリカ、岡山でプレーしていた間は
スタッフに営業を任せていたが、

この2月からようやく2人そろって
店で働けるようになったのだ。

 「『カフェをやりたい』と言い出したのは嫁。
開店約半年前から経営計画を練り始め、
㈱CAZIを設立。

僕が代表取締役に就任し、
嫁が店のオーナーになる形で準備を進めていきました。

銀行で資金を借り入れ、
古民家を探してリフォームして、
家具や食器をそろえるといった
作業をしたのはすべて彼女。

淡路島の民宿・大倉荘の長女として生まれた嫁は
もともと飲食業になじみがあった。

料理を作るのも好きで、
ウチに選手仲間を呼んで
食事を振る舞うこともよくありました。

滝川第二高校の同期で、
サッカー部のマネジャーをしていたんですが、
その経験もあって決断力と実践力も伴っている。

カフェの仕事は天職だと思いますね」
と加地亮さんはやり手の妻に最大級のリスペクトを払っている。

「ドイツの時はホントに一瞬で終わった印象しかない。

あれだけ苦労して予選を勝ち上がったのに、
何の成果も残せなくて、
ホントにむなしい気持ちになりました。

僕自身も『いちばん下にいる選手だから』
という気持ちがどこかに多くあって、
年長の選手とあまり話ができなかったけど、

チームが本当に1つにまとまるためには
年齢とか経験とかは関係ない。

全員がミーティングや話し合いを繰り返して、
100の力を150にする努力が必要だった。

それを今の代表選手にはやってほしい。
ロシアでは悔いを残さないような
戦いをしてほしいと強く思います」

今も昔もつねに黒子になって
周囲を支え続ける男・
加地亮の発言には説得力がある。

彼の思いを引き継ぐ選手が
数多く出てきてくれれば、
日本サッカーも前向きな方向に進むに違いない。


rapture_20180413100226









元日本代表も応援していますね。

ワールドカップで結果を期待します。


今後も注目です。


ブロトピ:今日のブログ更新






スポンサーリンク





↑このページのトップヘ