世にも奇妙な物語 2018 春  「不倫警察」ネタバレのお時間です。

唐沢寿明さん主演

「不倫警察」のネタバレです。

スポンサーリンク






世にも奇妙な物語は、
‘89年に深夜枠で放送された
「奇妙な出来事」が
「世にも奇妙な物語」とタイトルを改め、
ストーリーテラーにタモリさんを迎えて
ゴールデンタイムに進出したのが‘90年でした。

正味15分の3本だてオムニバスという
それまでのドラマにない形式でした。

またその斬新な内容が圧倒的な支持を受け、
レギュラーシリーズと平行する形で
制作されてきた2時間の特別編も
平均視聴率で20%を超えるという、
フジテレビの看板ドラマに成長しました。

珠玉の短編ドラマをオムニバス形式でお送りする
『世にも奇妙な物語』は、
毎回、斬新で多様なラインナップをとりそろえ、
おなじみのストーリーテラー・タモリと
豪華キャストが“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズ。

世にも奇妙な物語 2018春 ネタバレを少しだけ。


rapture_20180523163507


最後はどうなったんでしょうね?

答えは・・・

◆世にも奇妙な物語 2018 春 「不倫警察」ネタバレ

rapture_20180523163458






ネタバレは、ここから。

取調べ室で良男は、
否定するも冤罪確定。

証拠としてスマホのメッセージが提示された。

鈴香は、「ごめんなさい」と泣き出した。



取締官に
「俺が許しても、世間が許してくれないんだよ」
といわれる。


そして、裁判へ

裁判での証拠映像は

鈴香が置いていった
ペットボトルを間違えて
飲んでしまった映像。

間接キスで有罪確定。

証人に妻が来た。


不倫の事実はあったかときかれ
「勘です」と答え

「ごめんなさい。世間が許してくれないの。」
と言った。

同じ会社の先につかまった男と一緒に
護送される途中に
護送車が反乱軍に襲われる。


後部のドアが開くので
外へ出た。

逃げようとして
元同僚の男が撃たれた。

良男は、怖くなって後ずさり。
そこへ反乱軍のに囲まれる。

反乱軍は、あなたの味方だという。

元取締官の男だったので
手錠もはずしてくれた。

護送車で、反乱軍と一緒に
移動中話をしていたら
仲間割れが生じて
良男は撃たれた。

気がついたら、
反乱軍のアジトで
ベッドに寝ていた。

起きてアジトを散策していたら
元部下の女性が死んでいた。

テレビでは革命軍が
アナウンサーを確保していた。

外へ出たら、護送車に妻が乗っていた。

近道して先回りして
護送車を止めると
元不倫警察の捜査官が降りてきた。

車に乗せてほしいと頼むと
「俺が許しても、世間がなんというかねえ。」
と言って断られた。

妻を乗せた護送車が去った後
良男は、
スクランブル交差点で

「世間って、そんなものどこにもないじゃないか~」
と叫ぶのだった。
















楽しげな世界の映像から
恐怖の映像に。

やたら
すっとんきょうな
ストーリーが怖かったですね。

これは、何度も見ないと意味が
分からないシリーズのようですね。


世にも奇妙な物語 2018 秋も楽しみに見ましょう。

今回の世にも奇妙な物語も見逃せませんね。